雑誌のタイアップ広告の費用に関する基礎知識 - わかる広告
HOME > わかる広告 > 雑誌のタイアップ広告の費用に関する基礎知識
広告
2017/04/05

雑誌のタイアップ広告の費用に関する基礎知識

わかる広告 管理者
わかる広告

今まで「わかる広告」内では主に媒体のご紹介をしてきましたが、今回は実際に広告を出稿する際の料金についてご紹介したいと思います。

はじめに

雑誌のタイアップ広告について、ご存知の方がほとんどだと思いますが、一度ここで整理をしておきます。タイアップ広告は、編集記事と同じような体裁で掲載される広告です。純広告は見た目で広告と認識しやすいですが、タイアップ広告の場合、一見編集記事に見えるのが特徴で、媒体社のフォーマットに則って原稿が制作されます(「広告」や「スポンサード」等の表記が入ります)。

タイアップ広告の掲載料金は?

タイアップ広告の場合、基本的に媒体社が原稿を制作しますので、掲載費にプラスして制作費が必要になります。媒体社によって料金は異なりますが、例えばビジネス誌でのタイアップ広告の掲載の場合、300万円~400万円程度はみておくと良いでしょう(スペースによって異なります)。そこから、Webサイトへの転載や抜き刷りの制作、資料請求用ハガキも併せてとなると、さらにプラスして費用がかかります。こちらはビジネス誌でのタイアップ広告の場合なので、他の媒体ではまた変わってきますが、一般的に、純広告よりもタイアップ広告の方が費用がかかるケースが多いです。また、遠方への取材やキャスティングが必要な場合、こちらも別途費用がかかります。

タイアップ広告に興味はあるけどそこまで費用がかけられない場合

こちらもビジネス誌を例とすると、ほとんどの媒体社で「連合広告特集」を用意しています。この広告特集とは、各テーマに合わせて、いくつかの企業が連合で広告を掲載できる企画です。そして、広告の前に扉ページ(テーマに沿った編集記事)が入り、その次から各社の広告が掲載されます。この広告特集でタイアップ広告を掲載する場合、Webサイトへの転載や資料請求ハガキもついて通常よりも安価でご案内できるケースもあります。特集テーマはさまざまあり、時期ごとの特集や常設のものもございますので、自社に合った特集があるのか知りたいという方はお気軽にお問い合わせください。

いかがでしたでしょうか。料金だけを見てしまうと、高いと感じた方も中にはいらっしゃると思います。しかし、タイアップ広告ならではの訴求方法や、活用方法もございますので、これを高いととるか妥当ととるかは使い方次第だと思います。最初から料金面で検討段階から外すのではなく、一度タイアップ広告ならではの訴求ポイント等を検討してみるのも良いかもしれませんね。

成果を出すための広告、Webマーケティングのお悩みなら
お気軽にご相談ください。

Tel.03-5652-7166

メールで問い合わせる

[わかる広告 運営者]
総合広告代理店 株式会社 産案

関連記事

  • お問い合わせはこちら
  • 初心者向けWebマーケティングセミナー
  • 雑誌広告媒体一覧