ネット広告、Webマーケティング、
広告全般のお悩みに効く!広告のことがわかるブログ

open
open
HOMEわかる広告SEOの内部施策のために最低限知っておきたい基本的なチェックポイント

SEOの内部施策のために最低限知っておきたい基本的なチェックポイント

SEOのしくみを簡単に言うと

SEOの内部施策について、今さら聞けない初歩的なチェックポイントをご紹介します。もっと詳しく書かれた同類の記事はたくさんあると思いますので、本記事では初心者の方向けに、最低限、ここだけは抑えておきたい要素だけに絞ってご説明します。

まず検索順位の決まる仕組みについて、基本的なことをお話しします。Googleなどの検索エンジンでは、検索ロボット(クローラー)が、各Webサイトを構成するhtmlの内容を読み取り、何について書かれたWebサイトなのかを判断することによって優先順位をつけて、でデータベース化します。

そのクローラーが、「何について書かれたWebサイトなのか」を判断する際に、単にページに書かれている単語を拾い上げて判断しているわけではないのです。

Webサイトの内容がどのようなページ構成で、どのような段落で書かれているかを示すhtml内のタグを参照して、評価の一つとしています。これらのタグは、ユーザーとして見る分には表に出てこない部分もありますので、この要素を知らないと気づくことができず、検索ロボットの評価が悪いまま、ということに陥りやすいのです。

なお、ホームページのソース(html)の確認方法についてはこちらの記事をご参照ください。

最小限、これだけは知っておきたい要素

タイトルタグ<title>~</title>

ページのタイトルを表記するためのタグです。ブラウザの枠やタブに表示されます。これは、ページの内容を表すための重要なタグです。ページの内容を表すタイトルをつければ、必然的にすべて異なるページになるはずです。パンフレットに例えると、もし料金について書かれたページと、スケジュールについて書かれたページが同じタイトルだったら、内容を理解しにくいですよね?それは検索ロボットにとっても同じなのです。

【ポイント】
すべてのページにおいて、異なるタイトルをつける。

見出しタグ<h1><h2><h3>など

文章の見出しを定義するタグです。雑誌や新聞などと同じく、Webサイトも大見出し、中見出し、小見出しというふうに使い分けます。その見出しがどのような見出しなのかを定義します。見出しの大きさや色で、人間はそれが大見出しなんだと判断してくれますが、検索ロボットはそれを全く評価してくれません。そのため、「このページの内容を端的に表す一番の大見出しはこれ」ということを定義してあげなければいけません。それが、h1タグです。

【ポイント】
h1タグは、1ページに1個まで。
ページタイトルと同じように、全ページ異なる文字を入れる。

ディスクリプション<meta name="description" content="この部分にかかれたもの">

ディスクリプションは、そのページの内容を簡潔にまとめて説明するためのものです。検索ロボットがある程度評価はしますが、この仕組みを悪用することができてしまうため、評価のポイントとしては、それほど高くはありません。しかし、ここで設定した文章は、検索結果の下に表示されるため、検索したユーザーがそのページへ訪問するかどうか判断する重要な要素となります。

 snippet1.png

【ポイント】
全ページ、異なる説明文を入れる。
検索結果に表示される文字数は124文字程度。それを超えない文字数にする。

本文のテキスト

 本文のテキストは、ページに表示されているので一番わかりやすい要素です。検索順位を上げたいキーワードを、不自然にならないように配慮しながら、盛り込みましょう。デザインの観点からすると、見出しなどに画像を使いたいところですが、テキストの方が検索ロボットに評価されやすいので、できるだけテキストで表示しましょう。どうしても画像を使う場合はaltで画像の文字を表記しなければ、検索ロボットには全く評価されませんので必ずチェックしてください。

【ポイント】
本文、見出しはできるだけテキストが望ましい。
画像を使う場合は、altを必ず表記する。

キーワード<meta name="keywords" content="この部分にかかれたもの">

ページに関連する重要なキーワードを明示するためのタグです。特に、検索に引っ掛けたいキーワードを入れる、ということに使われますが、こちらは正しい使われ方をされないため、現在ではほとんど評価の対象外と言われています。設定しなくても良いぐらいだという人もいます。もし、設定するのであれば、こちらも全ページ同じキーワードを入れるのではなく、ページの内容に合ったものだけを入れるようにしましょう。あまり多く入れ過ぎてもSEO上逆効果になりますので、注意が必要です。

【ポイント】
ページの内容に沿って、全ページ異なることが望ましい。
あまり多くのキーワードを入れ過ぎない。

以上、SEO内部施策のために最低限知っておきたいことについてご紹介しました。

 

関連記事

 

 

 

 

雑誌広告媒体一覧
初心者向けWebマーケティングセミナー