ネット広告、Webマーケティング、
広告全般のお悩みに効く!広告のことがわかるブログ

open
open
HOMEわかる広告LINEでもインフィード型広告が配信できる?!

LINEでもインフィード型広告が配信できる?!

LINE運用型広告でインフィード広告が配信できます

LINEのタイムラインやLINE NEWSに配信される「LINE Ads Platform (LINEの運用型広告)」をご存じでしょうか?今回は、「LINE Ads Platform」を配信する際どんなことに気をつけて配信すべきなのか、特長は何かをご紹介します。

そもそもインフィード広告とは!?

スマートフォンでtwitterやFacebookを見るときのように、画面を上から下へと読んでいく場合のコンテンツとコンテンツの間に表示させる広告のことです。このインフィード広告がLINEでもタイムラインとLINE NEWSで配信が可能になりました。

LINEの運用型広告はいいねが押せる!?

タイムライン画面には、お友達の投稿やフォローしている公式アカウントからの投稿が表示されます。その投稿と投稿の間に、広告が混ざって表示されます。投稿も広告もいいねが押せることはご存じでしたか?投稿も広告も、一番下にいいねが押せるボタンといいね数が表示されるのでより投稿のような見た目の広告を配信することができます。広告慣れしていないユーザーは、広告という意識を持たずに自然に情報に触れるのではないでしょうか。

LINE NEWS

LINEのアプリ内からLINE NEWSへはタイムラインとLINE Moretabから入ることが可能です。LINE NEWSの記事と記事の間に広告配信ができることは、「LINE Ads Platform」の特長であると思います。

LINE NEWS内 LINE Ads Platform配信面

「LINE Ads Platform」で配信する際気をつけることは!?

インフィード広告が増えてきて、若いユーザー層は特に広告慣れしてきているように感じます。広告を広告だと認識させずにクリックしてもらう工夫が必要かもしれません。そのために投稿らしい画像を選ぶと効果的だと言われています。投稿に見えるような文字の少ない画像や文字が入っていない画像を広告として配信することをLINEも推奨しております。

まとめ

いかがでしたでしょうか。「LINE Ads Platform」についてさらに知りたい方はぜひ弊社までお問い合わせください。
※全てのデータは2017年1月現在の媒体資料に基づくデータとなっております。

関連記事

 

 

 

 

雑誌広告媒体一覧
初心者向けWebマーケティングセミナー