ネット広告、Webマーケティング、
広告全般のお悩みに効く!広告のことがわかるブログ

open
open
HOMEわかる広告日本で一番売れている総合週刊誌「週刊文春」ってどんな媒体?

日本で一番売れている総合週刊誌「週刊文春」ってどんな媒体?

「週刊文春」広告媒体としての魅力とは?

何かと話題の週刊誌ですが、今回は「週刊文春」についてご紹介させていただきます。

日本で一番売れている総合週刊誌

「週刊文春」は日本で一番売れている総合週刊誌と言われていて回読者数は3.2人となっています。各種データを見てみると、バランスの良い男女比・年齢層で、老若男女から大きな支持を受けています。年齢における差はほぼありませんが、40~50代の男性のパーセンテージが一番多く22%となっています。

多様な広告企画

「週刊文春」では多様な広告企画が用意されています。中でも住宅・住宅設備企画は人気でハガキの戻り率も良いとのことで、媒体資料によると、200通~800通のハガキがくるようです。持ち家率が約8割の「週刊文春」読者に向けて、魅力的な住宅、住宅設備の訴求が可能です。住宅特集以外にも、金融・相続企画などもあります。

週刊文春掲載誌面

覚えておきたい週刊誌ならではの特徴

月刊誌の場合、広告掲載を検討する際、ある程度の編集記事の内容を把握しておくことができますが、週刊誌の場合はそれが難しいです。「週刊文春」に限ったことではないですが、「週刊文春」の場合も同様でどんな内容が入るかどうかは掲載するまでわかりません。月刊誌の場合でも記事内容が変わることはありますが、週刊誌の中でも特に週刊文春のようなスクープが多く掲載されるような媒体は、事前に編集記事がわからないのが当たり前という認識を持った上で広告掲載を検討するのが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。雑誌媒体は読者がどんどん高齢化しているとも言われていますが、「週刊文春」はスクープ連発などの影響もあり、購読層の若返りも見せているようです。その結果、「週刊文春」への広告掲載に興味を持っていただくことが、以前より増えました。最近の媒体の特徴などは、代理店の担当者などに聞いてみましょう。何か広告出稿のヒントが得られるかもしれません。

関連記事

 

 

 

 

雑誌広告媒体一覧
初心者向けWebマーケティングセミナー