ネット広告、Webマーケティング、
広告全般のお悩みに効く!広告のことがわかるブログ

open
open
HOMEわかる広告SNSでの広告配信「Facebook広告」とは?

SNSでの広告配信「Facebook広告」とは?

「Facebook広告」の特徴をご紹介します!

Facebookをご自身で活用されていたり、企業様でアカウントを持ち、投稿している方は多いと思います。今回は、そのFacebook内で配信することができる「Facebook広告」についてご紹介したいと思います。

多様な配信セグメント

Facebookは、アカウントを登録する際、本名で登録し、既婚・未婚などのステータス、年齢・居住地・出身大学等の設定をユーザーが行います。その情報を元に広告を配信することができるのです。例えば、商圏が東京都のみの企業様が、居住地を東京都に設定しているユーザーのみに広告を配信することが可能ということです。その他にも、興味関心を絞ることができたりと、より、ターゲット層に合った人たちにのみリーチすることができるのが特徴です。Facebookに登録している情報は、精度が高いと言われています。

広告が表示されただけではお金はかからない?

「Facebook広告」は運用型広告で、広告をクリックされた時に初めて料金が発生する、クリック課金型の形式をとることができます。なので、その広告に興味がある(何らかのアクションをした)人に対してしか広告費がかからないという考え方ができます。

Instagramへも広告を配信できる?

「Facebook広告」の配信面のひとつとして、「Instagram」へ広告を配信することもできます。今までは、一部の企業のみしか広告を配信することしかできませんでしたが、2015年10月から、どの企業でも広告配信できるようになりました。広告配信できるようになってから約1年と、比較的最近なので、この機会に広告配信を試してみると、まだライバルが少ないかも?

まとめ

今回は、「Facebook広告」についてご紹介しましたが、SNSを活用した広告ってなんだか難しそう・・・と苦手意識をお持ちのご担当者様も多いのではないでしょうか。ですが、そんなに難しいものでもありません。詳細については、是非一度お気軽にお問い合わせください。

関連記事

 

 

 

 

雑誌広告媒体一覧
初心者向けWebマーケティングセミナー