ネット広告、Webマーケティング、
広告全般のお悩みに効く!広告のことがわかるブログ

open
open
HOMEわかる広告「教育熱心」なパパ・ママに記事広告で訴求できる! 急成長中の子育て系Webメディア

「教育熱心」なパパ・ママに記事広告で訴求できる! 急成長中の子育て系Webメディア

こどもまなび☆ラボとは

赤ちゃんや未就学児を持つママ向けのメディアは数多く存在します。そんな中、「子どもの教育」に特化した急成長中のWebメディアが「こどもまなび☆ラボ」です。英語のパーソナルジムなどを展開する株式会社スタディーハッカーが2018年2月にスタートさせた、比較的新しいメディアです。

昨今の教育環境といえば、英語やプログラミングが必修化されたり、生徒が能動的に学習できることを目指すアクティブ・ラーニングの推進、ICT導入など、めまぐるしく変化しています。そのような外部環境も相まって、子どもの教育に関心の高い親世代に向けて、科学的・客観的視点で信頼性の高い情報を発信しています。

こどもまなび☆ラボ Webサイトトップ画面
(https://kodomo-manabi-labo.net/)

こどもまなび☆ラボの特長

教育熱心なパパ・ママが読者

3歳~10歳ぐらいの子を持つ、20代~40代前半の子育て世代がメイン読者。こどもまなび☆ラボは、大学教授や教育の専門家への取材記事など、信頼できる記事が魅力です。比較的文字数が多いのですが、そんな長文にも抵抗がない教育熱心なパパ・ママに愛読されています。

学びに関するさまざまなジャンルで情報発信

「教育」といっても、学問だけではありません。頭を使うこと以外に、運動、音楽、芸術など、教育分野を網羅した情報を発信しています。そのため、広告商材としても、学習商材はもちろん、関連する道具、衣類、靴、食品、楽器、文房具など多くのものが、マッチすると思います。

右肩上がりで成長中。SNSのフォロワーも増加

スタート以来、PV数を順調に伸ばし、2019年7月には月間65万PVまでに成長。Facebook、Twitter、Instagramなどのフォロワーも増加中です。記事広告を掲載した場合には、Facebook(フォロワー数約5万)とTwitter(同 約4.7万)で投稿もしてくれるため、両SNSで10万近いフォロワーにシェアされます(2回投稿)。

まとめ

教育分野に特化した子育てメディアは、非常に珍しい存在です。大手メディアに比べれば、PV数の面ではまだまだ発展途上といえますが、教育熱心な親世代にセグメントできていると考えれば、十分なリーチ数といえるのではないでしょうか。広告メニューとして用意されている記事広告は、リーズナブルな料金設定にも関わらず2,500~3,000字程度のしっかりとしたボリュームの記事を起こしてもらえますし、約10万のフォロワーへのシェアも含むことを総合的に評価すると、かなりお得だと思います。タイアップ記事は二次利用も可能です(応相談)。

教育関連サービス、子育て世代向け商材のプロモーションに一度試してみてはいかがでしょうか。ご興味をお持ちの方は産案までお問い合わせください。広告料金など詳細をご案内いたします。

関連記事

 

 

 

 

雑誌広告媒体一覧
初心者向けWebマーケティングセミナー