ネット広告、Webマーケティング、
広告全般のお悩みに効く!広告のことがわかるブログ

open
open
HOMEわかる広告映画館で動画CMを有効活用!「シネアド(映画館CM)」の魅力・特徴・料金など

映画館で動画CMを有効活用!「シネアド(映画館CM)」の魅力・特徴・料金など

平均認知率がなんと、86.1%!!歴史ある動画広告、シネアド(映画館CM)。

2015年、興業収入が約2171億(前年比約104%)、動員数が約1億6,600万人(前年比103%)と好調だった映画業界。その映画でCMを流す古く親しまれていた動画広告がシネアド(映画館CM)です。 「婚約指輪は給料の○ヶ月分」との通説を創ったのは、ある宝飾品メーカーのシネアド(映画館CM)がきっかけと言われています。

動画を見る環境が動画広告の中でも抜群!

平均認知率が86.1%、1週間後の認知率も約75%とのデータもあるぐらい大きなスクリーンで見るCMはインパクトがあります。私のクライアント様も「映画を見ている人がCMを見て、行きたいなあと言った時は感動した」とのこと。また、あまり知られていないのですが、映画館のWebサイト等に記載されている上映開始時間は、このシネアド(映画館CM)が流れる時間も含まれているんです。ですので、実はとても接触率が高い動画広告なのです。

エリア別、レギュラー上映時等、柔軟な料金設定も!!

CMと聞くと、TVCMのように料金が高いイメージを持たれるかもしれませんが、実は映画館ごとや、作品ごとなど柔軟な料金設定があります。ちなみに、3ケ月間、6カ月間でのレギュラー上映(期間中、1つのシネコンのすべてのスクリーンでCMを流す)ですとかなりお得な料金設定でご提供できるケースもあります。ですので、私はシネアドをやる際は、このレギュラー上映をおすすめしています。

シネアドCMイメージ

チケット半券サービスなどによる店舗集客も!!!

シネコンがショッピングセンターなどに隣接しているため、シネアドはその店舗への集客でも抜群な効果を発揮します。半券サービスを展開している施設も多いですね。映画鑑賞後に隣接しているショッピングセンターなどで商品を購買する人が約67%というデータもあります。

まとめ

この他にも映画館に来る人は映画館に来ない人よりも、「高感度で、勉強熱心で、インフルエンサー指数が高い」などのデータもあります。また、今ですと、シネアド×Web動画広告(YouTubeなど)×交通広告を使い、動画広告で囲い込む戦略も可能になっており、エリア系の広告主様にもお勧めです。ちなみに、映画館では、地方自治体関係のCMも多いようです。

シネアドにご興味持たれましたら、産案までご相談ください。ご希望の映画館、条件等お聞かせいただきましたら、料金など詳細をお伝えさせていただきます。CMの素材をお持ちでない企業様には、CM素材の制作も承っております。

※この記事に出てくるデータは2016年2月時点の媒体資料を元に記載しています。

関連記事

 

 

 

 

雑誌広告媒体一覧
初心者向けWebマーケティングセミナー