ネット広告、Webマーケティング、
広告全般のお悩みに効く!広告のことがわかるブログ

open
open
HOMEわかる広告雑誌広告媒体としての「BIGtomorrow」の価値・メリット・効果とは?

雑誌広告媒体としての「BIGtomorrow」の価値・メリット・効果とは?

週刊誌以上ビジネス誌未満?ビジネスマンのための自己啓発本。月刊ビジネス&マネー誌?!

BIGtomorrowは1980年創刊の30代・40代のより自分を「成長させたい」と考えているビジネスマンターゲットの月刊誌です。媒体資料によりますと、読者の8割が男性、その内の6割が既婚です。また、約8割の読者が「投資に関心がある層」と言われています。ビジネスマンの「ちょっと資産を増やすための参考書」といったところでしょうか。マネー誌だけのように「投資」だけに限らず、「副業」という観点や、「自己啓発」といった要素が入っている点がポイントです。

”手が届きそう”な「お金」、「自己啓発」ネタのオンパレード!

雑誌のコンテンツがすべて「自分でもできるのではないだろうか?」と思わせてくれる「お金」「自己啓発」ネタなので、とても参考になります。私も個人的に、投資に関して「何から始めればいいのか」ということの参考に使っています。読み応えがあります!

投資系広告主様の実績多数!!

投資潜在層(投資初心者)に関してリーチしたいという広告主様の実績が多数ございます。投資潜在層(投資初心者)にリーチできる数少ない月刊誌として注目されているようです。「マネー誌だと専門的すぎる、でも週刊誌よりは堅い」みたいな絶妙なポジションが支持されているかと思います。

 BIGtomorrowの広告掲載誌面

広告出稿時は読者のインサイトを的確につけ!!!

広告出稿時のポイントは、ただ、商品を紹介するのではなく、読者がどのような課題を持っているかを的確に捉え、商品がその課題を解決できるというような表現を徹底することです。徹底することでと広告の反響も明確に変わってきます。

まとめ

日本の30代・40代の普通のビジネスマンにリーチしたいと考えている皆さんは、ぜひ、BIGtomorrowへのご出稿をご検討されてはいかがでしょうか。ただし、効果的な広告表現はコツがあります。ぜひ、お困りの際は産案までご相談ください。

関連記事

 

 

 

 

雑誌広告媒体一覧
初心者向けWebマーケティングセミナー