ネット広告、Webマーケティング、
広告全般のお悩みに効く!広告のことがわかるブログ

open
open
HOMEわかる広告グローバルで活躍するエリートへ届くメディア「Newsweek(ニューズウィーク)日本版」

グローバルで活躍するエリートへ届くメディア「Newsweek(ニューズウィーク)日本版」

「Newsweek日本版」の特徴をご紹介します

アプローチしたい人は「ビジネスマン」そう考えた時に、まず思いつく広告媒体はなんですか?月曜日にコンビニに並ぶようなビジネス誌を思い浮かべる人も多いと思いますが、「それぞれ何が違うの?どれも一緒でしょ?」なんて思っていませんか?ですが、ビジネス誌でもそれぞれメインターゲットが異なるため、アプローチしたい層によって選定する必要があります。今回は、ビジネス誌の中でもグローバルに活躍するエリートを読者に抱える、「Newsweek日本版」についてご紹介します。

「Newsweek日本版」とは

「Newsweek日本版」は、「米Newsweek誌」の提携誌として創刊されました。創刊当初は翻訳記事がメインのようでしたが、現在では、日本版オリジナル記事の割合が非常に高まってきているようです。米国雑誌業界の「オスカー」とも言われる「全米雑誌賞(The National Magazine Awards)」をニュース誌の中で最も多く受賞しています。

「Newsweek」の読者はどんな人?

他誌と比較した時に、「Newsweek日本版」の読者に多く見られた特徴は、次のような項目があげられます。
①月に1回以上は、仕事・出張で海外に行く
②日常会話ぐらいは英語で話せる
③海外に1年以上住んだことがある
④外貨預金の広告に関心がある
⑤雑誌の海外特集記事に関心がある、等。

これらは抜粋したものになりますが、海外に関心が高く、グローバルで活躍するビジネスマンが多いことが推測されます。また、平均年収は約700万円、1,000万円以上の高所得者が1割を超えていたりと、エリートが読んでいるとも言えるでしょう。まさに、グローバルで活躍するエリートに届くメディアです。

「Newsweek日本版」の派生メディア

「Newsweek日本版」では、読者の嗜好・ライフスタイルに応じた様々なコンテンツがあります。その中でもオフィシャルサイトは、速報性が高く、深く掘り下げた充実の国際ニュースが満載です。もちろんそんなオフィシャルサイト内での広告展開も可能です。国際情勢メディアの中で、「Newsweek日本版」は、出版社が運営しており、「読み物」を重視しているため、記事広告でも内容がひとつのコンテンツのように仕上がっているのが特徴です。最近はコンテンツをマーケティングに活用するケースが増えてきているので、広告をコンテンツっぽく仕上げる展開はかなりおすすめです。例えば、スクール系の広告であれば、実際にライターが体験してレビューを記事にするような展開にし、保証PVに対して140%以上の着地という結果になった事例などがございます。詳細が気になる方はお問い合わせください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。同じような読者属性を持っているメディアでも、それぞれ特徴や強みがあります。「このメディアへの広告出稿しか考えていなかったけど本当に良いのだろうか・・。」そう迷ったら、弊社のような代理店に聞いてみると、いろいろなメディアの特徴を教えてくれるはずです。問い合わせてみると、意外と知らなかったニッチなメディアがあるかもしれません。広告メニューは豊富にありますが、広告掲載料金と予算が合わない、なんてお悩みの方には、ご予算に合ったオリジナルのメニューをご提案することもできます。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

 

 

 

 

雑誌広告媒体一覧
初心者向けWebマーケティングセミナー