ネット広告、Webマーケティング、
広告全般のお悩みに効く!広告のことがわかるブログ

open
open
HOMEわかる広告名刺管理だけじゃない!優れたセグメント&ビジネスリーダーへ広告を出せる名刺アプリ2つを比較

名刺管理だけじゃない!優れたセグメント&ビジネスリーダーへ広告を出せる名刺アプリ2つを比較

広がりを見せる名刺管理サービスの可能性

テレビCMでも頻繁に目にするようになった名刺管理サービス。今後、ビジネスツールのスタンダードになっていくのは間違いありません。そして今、それらが単なる管理ツールの域を越え、情報メディアとしての役割を担い始めており、新たなプロモーション手段を求める企業にとっては、目が離せなくなっています。

今回は、そんな名刺管理サービスの中から「Wantedly People」と「Eight」をご紹介します。

Wantedly Peopleとは

50以上の提携メディアからトレンドがわかる情報を毎日提供

ビジネスSNSを運用しているWantedlyから2016年にリリースされ、すでに300万人が使う無料の名刺アプリが「Wantedly People」です。提携媒体の最新ニュースの中から、ユーザーに適した記事を人工知能と編集部が選りすぐり、毎日配信。名刺のデータを参照しているため、ユーザーの会社、業界、地域などに関係がある話題が提供されます。

ユーザーは経営層など、高収入のビジネスリーダーが多く、なんと5人に1人が年収1,000万円以上となっています。課長以上の役職(経営層を含む)が35%以上を占め、男女比では男性が約85%と、かなり男性が多いです。

通常のニュースサイトだけでなく、このようなパーソナライズされた情報に目を通すようになった、というビジネスマンも増えてきました(私もついつい、気になるニュースのタイトルが送られてくると見てしまいます)。

Wantedly Peopleの広告メニュー

データなどを直感的に分かりやすく訴求できる、グラフィカルなアニメーションの広告や、CM素材を流用して流せる動画広告、取材からライティングまで行うインタビューやコラム形式の広告、それからタイムラインの記事と同じ仕様で配信できるインフィード広告と4つのタイプがあります。

Eightとは

ビジネスのためのSNS

「早く言ってよ~」でおなじみSansanの提供する、個人利用を目的とした名刺アプリが「Eight」です(基本利用は無料ですが、一部有料プランあり)。補足ですがSansanは法人向けの名刺管理サービスです。

Eightは、「ビジネスのためのSNS」と謳っている通り、単なる名刺管理ツールではなく、ユーザー同士が情報交換できるSNSとしての機能が優れており、登録者数は200万人を超えています。名刺には書ききれないプロフィールを公開したり、最新情報を投稿してビジネスパートナーに発信することができるのです。また、相手の登録情報が変更されたときは、通知がきます。

Eightの広告メニュー

ユーザーが見るニュースフィード面に表示されるインフィードタイプの広告で、ビジネスに意識が向いているタイミングで効果的に配信されます。インプレッション課金となります。

Eightの登録情報を使って、資料請求フォームの入力を自動化する、という便利なオプションがあります。これを使えば、入力の手間がかからないので、ユーザーのハードルを下げられそうですね。

名刺情報を活用したターゲティング

名刺情報を基に、業種、役職、地域といった条件でセグメントできるので、広告したい商材にマッチする層をターゲティングすることが可能になります。ただし、あまり細かく分けすぎると、該当母数が少なくなり過ぎる、といったことがあるかもしれません。

まとめ

名刺管理系のメディアは、登録情報が名刺の情報なので、確実性という面ではFacebook以上と言えます。その情報をもとにセグメントできる、ということだけでも他にはない魅力ではないでしょうか。

また、決済権を持ったビジネスリーダー層へのリーチが可能なので、BtoB商材の訴求はもちろんですが、金融、保険、不動産などBtoC商材のプロモーションでも、活用実績が増えつつあります。

リスティングやFacebook広告などとは違うターゲティングができる広告をお探しの方は、このような名刺管理系のサービスを、一度試してみてはいかがでしょうか?広告メニューの詳細、企画のご相談、広告料金などは、産案までお問い合わせください。
(※記事中のデータはともに2018年12月現在。)

関連記事

 

 

 

 

雑誌広告媒体一覧
初心者向けWebマーケティングセミナー