ネット広告、Webマーケティング、
広告全般のお悩みに効く!広告のことがわかるブログ

open
open
HOMEわかる広告ドライバーや主婦の求人に困った企業が活用している、意外な広告とは?

ドライバーや主婦の求人に困った企業が活用している、意外な広告とは?

ドライバーや主婦が聞いているあの媒体

ラジオを聴く習慣のある方なら誰でも一度は聴かれたことがあると思いますが、ラジオの代表的なコンテンツとして「交通情報」や「天気予報」があります。これらの主なリスナーは、「交通情報」であれば、リアルタイムで運転をしている、または運転をする予定のドライバーです。また、「天気予報」であれば、日中の洗濯を気にしたり、買い物に出かける時間などを気にしている主婦も、昔から根強いリスナー層として知られています。

「交通情報」や「天気予報」は魅力的なCM枠

ラジオの中でも特に傾聴傾向が高い、この「交通情報」や「天気予報」にCMを入れることができます。「〇〇(※企業や商品名)がお送りする・・・交通情報(天気予報)です。」のようなフレーズ。そう、あれです。冒頭の〇〇に広告主名が入り、情報の放送終了直後に貴社の20秒CMが流れる、というフォーマットになっていることが多く、効果的な訴求を実現します。

「交通情報」や「天気予報」は、朝から夕方にかけて一日に数回の放送タイミングがあるので、広告主は自社にとって都合の良い放送時間を狙ってラジオCMを流すことが可能です。また月曜~日曜まで毎日定時で流れる放送枠は、広告手法として大切な反復効果も得られやすく訴求力も抜群といえます。もちろん、平日のみ、週末のみといった枠の買い方も可能です。

採用を目的として、実はよく使われている

特に、ドライバーの採用を目的としたラジオCMは、これまで多数の実績が在り、運送会社をはじめ、バス会社、タクシー会社など、ドライバーの募集広告が後を絶ちません。また、日中、家庭に居る主婦をターゲットにした採用目的のものとしては、スーパー・小売りのパートニーズだけでなく、ホームティーチャーや保育士・看護師など資格保持者の復職支援を謳う企業の募集広告にも適していると言えます。これらの業種の方で「採用がうまくいっていない」という課題があるのに、まだこの手法をお試しになっていないのであれば、今すぐご検討されることをおすすめします!

まとめ

いよいよ採用が難しくなってきている昨今、「折込チラシが利かない」、「Web広告だけでは頭打ちになっている」など、採用に課題をお持ちの採用担当者の方は多いと思います。求人メディアも当然活用しなければいけませんが、それだけをやっていても今以上に効果が上がることはあまり期待できないのが現実です。求人メディアの効果を上げていくためには、それを補うための施策が何かしら必要です。ドライバーや主婦をターゲットとした企業の場合は、今回ご紹介したラジオCMなら、今までリーチできていなかった層に効率よくリーチできるかもしれません。

産案では、ラジオCMの制作面から局や放送タイミングの選定等まで、一貫してサポートさせていただきます。採用のために、何かやらなければとお感じの方はぜひご相談ください。

関連記事

 

 

 

 

雑誌広告媒体一覧
初心者向けWebマーケティングセミナー