ネット広告、Webマーケティング、
広告全般のお悩みに効く!広告のことがわかるブログ

open
open
HOMEわかる広告雑誌広告媒体「dancyu」の価値・メリット・効果とは?

雑誌広告媒体「dancyu」の価値・メリット・効果とは?

グルメ情報誌「dancyu」についてご紹介します

今回ご紹介するのは、プレジデント社が月刊発行しているグルメ情報誌「dancyu」です。創刊が1990年、今年で26年目となります。発行冊数は300冊を超え、取材したお店は2万件を超えます。今回は、そんな「dancyu」の情報をお伝えします。

「dancyu」の読者って・・・

「dancyu」の読者は、食べ歩きが好きな方や食を語るのが好きな食通の方が多くなっています。年代は40~60代の方が多く、男女比率は6:4。「dancyu」とは、「男子厨房に入るべからず」をもじって名付けられています。もともと男性向けとして創刊されているので、男性の読者が若干多くなっています。

興味を引く特集の数々!

「dancyu」が紹介するのは、飲食店だけではではありません。日本全国各地の地域でずっと親しまれてきた伝統食品や料理、知る人ぞ知る逸品、暮らしに溶け込んだ食文化の数々。さらに、「dancyu」独自のレシピをトップシェフ、人気料理研究家、さらには生産者や料理研究愛好家の知恵を結集して紹介しています。他の雑誌やテレビ、ネットで紹介されるものとは、一味も二味も違います。そこが読者に愛されているポイントでしょう。

dancyu掲載誌面

インタ―ネットでは出会えない情報を!

皆さんは、ランチのお店どのように探しますか?自宅で料理をするときレシピは何を参考にしますか?きっと多くの人がインターネットを利用するのではないでしょうか。簡単に多くの情報が手に入りますし、それが主流になっていると思います。ただ「dancyu」の記事は、ただの商品・お店紹介ではありません。飲食店であれば、お店のコンセプト、シェフのこだわり、メニューに対する想いなど一歩踏み込んだ情報も記事にしています。なので読みごたえがあり、読み終えると一つの物語を読んだような気分にさせてくれます。手軽に素早く多くの情報を得られるのはインターネットですが、「dancyu」はインターネット検索では出会えない情報を読者に伝えてくれる雑誌なのです。

「食」のテーマで伝えたい思いがある人は、一度「dancyu」を検討してみてはいかがでしょうか。「dancyu」に関してもっと詳細をお知りになりたい方はぜひ、弊社までご連絡ください。

関連記事

 

 

 

 

雑誌広告媒体一覧
初心者向けWebマーケティングセミナー