ネット広告、Webマーケティング、
広告全般のお悩みに効く!広告のことがわかるブログ

open
open
HOMEわかる広告4大ビジネス誌比較!!ビジネス誌へ広告を出すならどれがオススメ?

4大ビジネス誌比較!!ビジネス誌へ広告を出すならどれがオススメ?

4大ビジネス誌の特徴をご紹介します

ビジネス誌と聞くと、みなさまは何を思い浮かべるでしょうか?記事、特集については各誌の特徴があり、好みも人それぞれだと思いますが、読者の属性については、男性、経営層、高所得者などがあげられ、どのビジネス誌も顕著な違いはありません。では、広告媒体としてビジネス誌をみた時、読者層が似ているから、どれも「同じ」なのでしょうか?もちろん、そんなことはありません。

今回は、「週刊ダイヤモンド」、「週刊東洋経済」、「日経ビジネス」、「PRESIDENT」の4大ビジネス誌を広告媒体としての観点から比較していきたいと思います。

「週刊ダイヤモンド」

「週刊ダイヤモンド」の特徴は、まず定期購読者と書店購入者の割合が約半数とバランスの良いところです。そのため、誌面に期待度の高い書店購入者と誌面への信頼度の高い定期購読者両方にアプローチが可能です。そして何よりも書店売上がビジネス誌でNO.1ということで誌面への関心の高さは注目すべきところでしょう。そのため、リアル媒体で露出を増やしたいならダイヤモンドがオススメです。

「週刊東洋経済」

こちらは、110年を超える日本で最も歴史のある週刊誌になります。長い歴史と実績を誇り、四季報の取材によって培われた企業分析力には定評があり、株価にも大きな影響力を持つ媒体です。また、オンライン版はビジネス誌系オンラインの中でも特に好調で、月間PV数を比較すると他の媒体と一桁違います。スマホなどでオンライン版記事を読んだことがある方も多いのではないでしょうか?今後もますますオンラインの重要性は増してくると予想されますので、誌面だけでなくWebも併せて広告を利用したいとお考えの場合、最大の効果を期待できるでしょう。

「日経ビジネス」

続いて「日経ビジネス」になります。こちらは、購読者30万人以上と他雑誌を圧倒。さらに定期購読率は9割。日本でNO.1の支持を得ている経済、経営の総合情報誌と言えるでしょう。特に大手企業の経営層から現場までの認知度と職域部数は他誌より秀でています。大手企業戦略に強みがある媒体なので、大手企業向けの商品・サービスを告知する目的で広告を検討するのであればまずは考えたい媒体の一つです。

「PRESIDENT」

最後に「PRESIDENT」。上記の3誌は週刊誌ですが、こちらは第1、第3月曜日発売の隔週刊誌になります。中小企業のトップや大企業のミドルマネジメントを意識した誌面構成となっており、時事、業界ネタよりもビジネススキル・人生スキルに関する特集が多いため、自身のスキルアップなど自己研鑽の意識が高い人に向けた、BtoCの高単価商材 などと相性が良いでしょう。

まとめ

いかかでしたでしょうか。今まで、なんとなく媒体を選んでいたという方は、今後ビジネス誌に広告出稿を検討される際にお役立て頂ければ幸いです。ご興味がございましたら、ぜひ弊社にお問い合わせください。

関連記事

 

 

 

 

雑誌広告媒体一覧
初心者向けWebマーケティングセミナー