ネット広告、Webマーケティング、
広告全般のお悩みに効く!広告のことがわかるブログ

open
open
HOMEわかる広告注目のキャッシュレス決済 Origami Pay! すぐにでも、お店に導入したくなるそのメリットとは?

注目のキャッシュレス決済 Origami Pay! すぐにでも、お店に導入したくなるそのメリットとは?

利用者増が見込まれるスマホによるキャッシュレス決済

2019年10月実施予定の消費税引き上げに対する経済対策として、「キャッシュレス決済に対してポイント還元を行う」という施策が検討されています(東京オリンピック前までの9ヶ月間、5%ポイントを還元する方針か?2018年12月時点まだ未定)。キャッシュレス決済と言えば、クレジットカードやSuica、PASMOといった非接触型カード決済もキャッシュレス決済ですが、最近注目されているのはスマホアプリでQRコードを読み込んだり表示したりして支払う決済方法です。

国内のスマートフォン普及率やユーザーの平均使用時間は、年代ごとにバラつきがあるものの年々増加しています。「スマホでキャッシュレス決済」する方法について、どんな仕組みなのか?自社(お店)で導入は可能なのか?など今から情報収集しておいて損はないでしょう。

Origami Pay(オリガミペイ)のメリット

Origami Pay(オリガミペイ)をごご存じでしょうか?オレンジ色の折り紙のロゴマークはシンプルで、店頭にあると目立ちます。ロフトやコンビニのローソン、ケンタッキーフライドチキンなど身近なお店が既に導入しているので、街で目にする場面も増えてきました。

数あるスマホを使ったQRコード、バーコード決済アプリの中でこの「Origami Pay」がオススメな理由は?どんなメリットがあるのか?お客側、お店側、双方の立場で主なものをまとめてみました。

お店側の主な導入メリット

①ネットにつながる端末があれば導入できる(iPadを推奨)
②初期費用0円、月額利用料0円、決済手数料3.25%
③即時2%割引など、Origami主催のキャンペーンがある
④アプリ内MAPに店舗情報が掲載され、近くにいるお客様に表示される
⑤Origamiロゴの入った販促物が無料配布される
⑥インバウンド決済「AliPay」の決済導入が可能(iPadアプリ型のみで利用可)
⑦管理画面「Dashboard 」で決済金額やお客の状況(新規・リピート・休眠顧客)を管理
⑧お客様にセール、キャンペーン情報、クーポン等を配信可能(※有料サービス)

お客側の主な利用メリット

①アプリに登録する支払い方法として、クレジットカードをはじめ様々な銀行口座が設定できる(選択肢が多い)
②支払い即時2%OFF割引サービスがある
③加盟店の様々なクーポンをお店で使用できる
④Origami Pay加盟店で、セゾンカード・UCカード会員向けスマホアプリ「セゾンportal」「UC Portal」を使っても決済可能
⑤「AliPay」が使える。(中国人観光客など、AliPayユーザーに便利)

決済だけでなく、販促、CRM、インバウンド需要の取り込みなど集客につながる機能が強みのOrigami Pay

新しいシステムを採用する際は、利用する事で得られるメリットより、導入コストの事や月額使用料の割に「そのサービスを使用するお客様がいないのでは?」というデメリットを心配しがちです。Origami Payの場合は、初期費用や月額使用料が0円、ネットワークにつながった端末(iPad)を用意するだけで始めることができます。店頭で使用する、Origami Payのロゴが入った販促物も無料配布されますので、お店側は低コストで導入できるわけです。

また、支払時の即時割引やクーポン配布など、さまざまなキャンペーンがOrigami主催で行われるため、集客・販促ツールとしてのメリットがあります。アプリ内MAPでお店情報を表示し、既存ユーザーの誘導だけでなく新規ユーザーに場所を知ってもらえる点もメリットの1つでしょう。

Origami Pay導入で、中国で50%以上のシェアを誇る「AliPay(支付宝)」が使えるようになる事も大きな特長です。客層として、キャッシュレス決済に慣れている中国人旅行者などが多いという業態・お店なら、システム導入で支払いがスムーズになりそうです。

まとめ

QRコード決済なら現金をやりとりする煩わしさが無くなり、スマートな支払いが可能になります。支払い時にかかる時間の短縮は、お客側にもお店側にもメリットです。また、100円、200円の支払いでクレジットカードを使うユーザーはほとんどいないと思いますが、この決済方法なら金額を気にせず使えます。

現在、Origami Payは使えるお店が急拡大中。飲食店やタクシー会社の他、面白いところでは、お寺が導入、というニュースもありました。賽銭をOrigami Payで受け付けることができるそうです。

そして、ユーザーが登録できるクレジットカードの種類や銀行なども増えて、使い勝手もどんどん良くなっています。国の後押しも受けて、今後国内のQRコード決済利用者は数年で急増するかもしれません。お店の差別化のためにも、導入を検討した方が良さそうです。

産案では、Origami Payの導入をサポートしています。ご興味をお持ちの方はお問い合わせください。

関連記事

 

 

 

 

雑誌広告媒体一覧
初心者向けWebマーケティングセミナー