ネット広告、Webマーケティング、
広告全般のお悩みに効く!広告のことがわかるブログ

open
open
HOMEわかる広告住宅購入を検討する層にリーチできる広告とは?

住宅購入を検討する層にリーチできる広告とは?

住宅購入検討層向けのアプローチ方法をご紹介します

住宅購入検討層と言われて、一番最初に思いつくのは何でしょう?一般的に言われているのは、子どもが小学校に入学する前、つまり、未就学児を持つファミリー層です。なぜ、このタイミングで住宅購入を検討するのか。それは、子どもの学区が決まる前にお家を決めてしまいたいからです。では、その人たちに届く広告はどこに掲載すれば良いのでしょうか。今回は、住宅購入検討層(未就学児を持つファミリー層)向けの広告媒体についてご紹介します。

あんふぁん

まず、はじめにご紹介するのが、以前にもこのブログ、わかる広告内でご紹介をしたことがある「あんふぁん」です。「あんふぁん」の配布ルートは、幼稚園の先生から園児、そしてママへとなっているので、まさに未就学児を持つファミリーに届く広告媒体と言えるでしょう。

「あんふぁん」の詳細についてはこちら⇒

Happy-Note(ハッピーノート)

次にご紹介するのが、全国のミキハウスショップで配布される「Happy-Note」。「Happy-Note」のターゲットは、0~4歳のお子様がいる子育てママとされています。幼稚園児より更に子どもの年齢は低くなりますが、最近では、幼稚園に入る前にマイホームを持ち、ママ友コミュニティを作りたいというママが増えていると聞いたこともあります。ですので、この年齢のお子様がいるファミリーも住宅購入検討層と言えると思います。

「Happy-Note」の詳細についてはこちら⇒

Web広告でセグメント

最後にご紹介するのがWeb広告です。「あんふぁん」や「Happy-Note」のように未就学児の子どもを持つファミリーが読者属性としてある媒体に広告を出稿する以外に、Web広告でターゲットをセグメントし、広告を配信するという方法も考えられます。例えば、「Facebook広告」だと、【子どもがいる人】のみに広告を配信することも可能です。

「Facebook広告」の詳細についてはこちら⇒

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「住宅購入検討層=未就学児を持つファミリー層」と仮定し、3つのポイントに絞ってご紹介させていただきましたが、他の展開や、具体的な事例について気になるという方は、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

 

 

 

 

雑誌広告媒体一覧
初心者向けWebマーケティングセミナー