SEO

HOME > 広告媒体 > SEO

GoogleやYahoo!の検索結果で
上位に表示させたいなら

SEO(Search Engine Optimization)対策とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでユーザーが特定のキーワードで検索した場合に、より上位に表示されるように対策することです。上位に表示されるためには、検索エンジンに正しく評価される必要があり、「内部施策」、「外部施策」、「コンテンツ施策」に分類されます。

お客様に代わってSEO対策上の改善点を洗い出します

さまざまなWebサイト運営で培った実績

圏外(100位以下)→1ヶ月後に1位になることもありえます

私たちは、自社の複数のWebサイトを運営しています。そのサイトに誘導するために自然検索での流入を増やすには、どうしたら良いか、試行錯誤を重ねてきました。その結果、内部施策だけで、それまで圏外だったものが検索上位に入ることは珍しくなく、時には1位になるケースも見てきました。それによりサイトへの流入数が劇的に増え、問合せ数や資料請求数も増えるということを、身をもって体験しています。

お客様にWebサイト構築のご依頼をいただいた際には、そのノウハウを活かすことができ、その結果非常に高い評価をいただいております。

SEO対策上の改善点を分析

細かいところまで考えたWebサイト作り

ほとんどのWebサイトは、うまくSEO対策できていない!?

これまで業種を問わずさまざまなWebサイトの構築・SEO対策に携わってきました。現状調査の一環としてお客様のWebサイトやお客様の競合となる企業のWebサイトを調べたりすることも多いのですが、その中で感じたことがあります。「SEO対策の内部施策が万全のサイトは本当に少ない」ということです。

SEO対策がうまく施されていない理由は、だいたい以下のいずれかに当てはまります

SEOの内部施策が進まない理由

  • ①SEO対策のためのHTMLのルールなどポイントは知っているが、重要視していない。
  • ②そもそもSEO対策のためのポイントを知らない。
  • ③Web制作会社に任せているので、対策できていると思っている(が実はできていない)。

①~③に共通して言えるのは、Webサイト制作を発注したときに、SEOの内部施策について、制作会社に細かい指示出しができていないということです。企業のWeb担当者の方は本職が別にあり、兼務でWebの発注を任されている、という方が多いのではないでしょうか。そうすると、文字情報の校正やデザインの希望は出せても、HTMLの改善点を指摘する、というのはできなくても無理はありません。

最近では、「SEOに強いサイトを作ります」と標榜している制作会社も散見されます。確かに、最低限やらなければならない施策までなら施しているケースもあります。しかし、何も指示を出さなくても、SEO対策上の細かい設定を完璧にやってくれる制作会社は、まずありません。なぜなら、それはある程度の工数が必要だからです。

特に、コンペ案件などでは「費用が安い」「デザインが良い」といった指標で制作会社が選定されてしまうケースも多々ありますが、そのような場合、受注が欲しいばっかりに費用をギリギリに抑えてしまい、お客様から要件に出されていない部分は作業に含めない、ということが起きやすいのです。お客様はWebサイトを良くするために、コンペまでしてリニューアルをするのに、これでは本末転倒ですね。

私たちは、お客様に代わって、SEOに必要な細かい部分までディレクションしています

非常に多くの案件で、このようなことが行われているのを目の当たりにして、私たちはそれをこの業界の課題だと捉えました。そして、課題だからこそ、解決することに大きな価値があると考えています。私たちは、プロジェクトがスタートしたら、SEOの仕組みについて概要だけは理解していただけるようにお客様にしっかりとご説明いたします。ただし、あまり細かい部分までは知っていただく必要ないと考えています。概要だけしっかり理解していただければ、SEO対策に必要な細かい部分は、すべて産案のディレクターがお客様に代わってディレクションをいたします。

コンテンツ施策や外部施策もご相談ください

コンテンツSEOは今後もますます重要

Googleの検索エンジンがアップデートする度に、SEO対策は難しくなっていきますが、Googleが推奨しているのは、シンプルに言えば、ユーザーにとって有益な情報を提供しましょう、ということです。自社のサービスを買ってくれるユーザーにとって、どのような情報が求められているか、を突き詰めていけば自ずと提供するコンテンツはみつかるはずです。

産案では、コンテンツSEOのサポートも承ります。コンテンツの企画やサイトの立ち上げ、ライティングリソースのご提供も可能です。

難しい外部施策も承ります

外部施策だけでは、あまり効果がなくなったと言われていますが、内部施策やコンテンツ施策がしっかりとなされていれば、外部施策もまだ有効です。産案では外部施策のご相談も承ります。

SEOの関連記事

事業課題、プロモーションの目的、
販促や集客に関するお悩みがございましたら
ご相談ください。
予算に合う最適な施策をご提案いたします。

phone03-5652-7166

[受付時間] 平日 9:30~18:00

お知らせ

information

2020/02/04
NEWプレママ向けフリーペーパー「Anetis」の媒体ページを追加しました。
全国の産婦人科や病院などの医療機関に配布・設置されているフリーペーパー「Anetis」についての媒体詳細ページを追加しました。ママ・プレママへのプロモーションで広告媒体をお探しの方は、ご覧ください。産婦人科・医院でのサンプリングも可能な、おすすめの広告媒体です。
2019/12/17
ママ・子育て世代向けフリーペーパー「Happy-Note」の媒体ページを追加しました。
全国のミキハウス店舗や幼児教室等で配布される、ママ・子育て世代向けフリーペーパー「Happy-Note」の媒体詳細ページを追加しました。ママ向けの広告媒体をお探しの方は、ぜひご検討ください。
2019/12/16
全国の大家さんが読む媒体「オーナーズ・スタイル」の媒体ページを追加しました。
全国の不動産オーナーが読む「オーナーズ・スタイル」の媒体詳細ページを追加しました。誌面広告、同梱はもちろん、セミナーやイベントへの参画も可能です。富裕層をターゲットとして広告をご検討中ならぜひ詳細をご覧ください。

お知らせ一覧を見る

広告企画情報

planning

2020/02/20
NEW20年5月9日(土)発売 月刊文藝春秋 広告企画「住まいと土地を考える 第1部 人生100年時代に安心の老後を迎えるために サステナブルな健康住宅に住まう 住宅・住宅設備特集」ご案内中。
金融資産1億円以上の読者が約3万人。建替え、リフォームのメインターゲット50~60代以上の読者が約17万人。文春オンライン、文藝春秋digitalでのタイアップ転載も可(別途料金) 資料請求ハガキ付(文春オンライン上にも記事・資料請求フォーム有)・・1社あたり80~200件の高レスポンス実績。オプションで「住宅セミナー」を実施する事も可能。
2020/02/20
NEW20年5月9日(土)発売 月刊文藝春秋 広告企画「住まいと土地を考える 第2部 東京五輪目前!! 今後の不動産どうなる!? 不動産・土地活用特集」ご案内中。
読者は多額の金融資産を積極的に運用している60歳以上の土地オーナーの富裕層が中心。不動産・土地活用を検討したいと思っている読者が約10万人。資料請求ハガキ付(文春オンライン上にも記事・資料請求フォーム有)・・1社あたり80~200件の高レスポンス実績。文藝春秋digital、文春オンライン、でのタイアップ転載も可(別途料金) オプションで「不動産活用セミナー」を実施する事も可能。
2020/02/03
20年4月24日(金)発売 日経ビジネス 広告企画 「キャッシュレス決済特集」ご案内中。
キャッシュレス決済の推進は日本政府の国策となっており、ビジネス界で今、最も注目されているテーマのひとつです。多様化する電子決済をいかに取り入れ、収益につなげるかは、多くの企業が向き合うべき課題。WEBタイアップ転載も有(別途料金)

広告企画情報一覧を見る