ブロック紙・地方紙

HOME > 広告媒体 > 新聞広告 > ブロック紙・地方紙

ブロック紙・地方紙の特徴

エリアによっては全国紙を凌ぐ部数を誇る、ブロック紙と地方紙

代表的なブロック紙、北海道新聞、中日新聞、西日本新聞

地方によっては、全国紙よりも部数を上回る新聞があります。その中でも、一つの県だけでなく、複数の県にまたがって発行している新聞はブロック紙と呼ばれます。代表的なブロック紙は愛知県を中心とした中部地方で発行されている中日新聞(約300万部)、福岡を中心とした九州地方で発行されている西日本新聞(約63万部)、そして北海道という広大なエリアで発行されている北海道新聞(約100万部)です。

これらは地元密着メディアとして長く影響力を持っているメディアです。全国に及ぶキャンペーン施策の広告を出稿する場合、上記のような地域は、全国紙だけでは十分にリーチできないと考え、必ずブロック紙をメディアプランに組み込む必要があります。

代表的な地方紙、河北新報、静岡新聞、中國新聞、琉球新報など

ブロック紙よりも狭いエリア(多くの場合1つの県内での発行です。)で発行している新聞を地方紙といいます。地方紙でも全国紙より多くリーチすることが可能なメディアもあります。

代表的な地方紙ですと、河北新報(約45万部発行。発行エリアでの世帯普及率は63%と言われています。)静岡新聞(約64万部。発行エリアでのシェアは58.9%)中国新聞(約60万部、広島県内でのシェア約42%)などです。その他にも沖縄県では、琉球新報と沖縄タイムズという有名な地方紙があり、これらを活用しないと十分にリーチすることができないと言われています。

人図

弊社メディア担当からのコメント

産案では、一般紙はもちろんのこと、ブロック紙や地方紙も豊富な取り扱い実績があります。上記に記載が無い地方の新聞でも取り扱い可能ですので、広告の掲載に関してはお気軽にお問い合わせください。

おすすめ記事

事業課題、プロモーションの目的、
販促や集客に関するお悩みがございましたら
ご相談ください。
予算に合う最適な施策をご提案いたします。

phone03-5652-7166

[受付時間] 平日 9:30~18:00

お知らせ

information

2020/11/10
NEW令和2年度「杉並区成人祝賀のつどい」協賛企業募集中!
令和2年度杉並区成人祝賀のつどい(成人式)の協賛企業募集中です。杉並区の新成人に向けて企業認知やサービス認知を目的とした広告を掲載いただけます。詳しくはブログ記事をご覧ください。
2020/08/24
「リアルイベントの代わりにオススメの『ママ向けオンラインフェスタ』」をアップしました。
オンラインで子育て層に商品やサービスを紹介できるママ向けオンラインイベントのご紹介記事をアップしました。コロナの影響でリアルイベントが軒並み中止となる中、ファミリー層へのリアルプロモーションの場をお探しの企業様はぜひご覧ください。
2020/08/19
「来店を計測したいなら! 高精度な位置情報ターゲティングと来店CV計測が可能なAIRTRACK!」をアップしました。
精度の高いジオターゲティングができるAIRTRACKの紹介記事をアップしました。来店計測もできるだけでなく、さまざまなターゲティングをすることが可能です。来店促進やO2O施策に、AIRTRACKをご活用してみてはいかがですか。

お知らせ一覧を見る

広告企画情報

planning

2020/08/25
富裕層向け<弊社オリジナル>ダイナースクラブDM 連合広告企画 DIB リリース
ダイナースクラブ会員向けのDMにて、弊社オリジナルの連合広告を企画いたしました。年収1,000万円以上の会員にセグメントしてお届けする本企画、富裕層にリーチできる広告媒体をお探しなら、ぜひご検討ください。9月末が締切りとなっておりますので、お問い合わせはお早めに!
2020/07/31
20年10月26日(月)発売 週刊ダイヤモンド 広告企画「在宅勤務の落とし⽳! リモートワークセキュリティ」ご案内中。
コロナ対策ほかで、在宅勤務やリモートワークを採⽤する企業が急増しております。その際に考えるべきリスクやリモートデスクトップ、仮想デスクトップなどのセキュリティ環境を整備することの重要性について中⼼読者である経営者や現場のマネージャークラスに訴求。DIAMOND onlineへのタイアップ転載も有(別途料金) またコンテンツ型リード(100件保障)、既存型ホワイトペーパー型リード(30件保障)も別途料金で可能。
2020/06/29
20年9月14日(月)発売 週刊東洋経済 広告企画「電子契約サービス最前線 捺印のために出社していませんか?」ご案内中。
新型コロナウイルス感染拡大に伴い、多くの企業が在宅勤務(テレワーク)への移行を余儀なくされていますが、物理的な捺印業務については、印鑑を持ち帰るといった対応がリスク管理上難しく、「ハンコを押すためだけに出社」する担当者の悲痛な声が話題にもなっています。一方で、依然として新型コロナウイルスへの感染防止対応が予断を許さないなか、IT大手企業を中心に、捺印を廃止して、電子契約化を急ぐ企業も増えています。主な広告対象:電子契約サービス提供社など。東洋経済ONLINEへのタイアップ転載有(別途料金)

広告企画情報一覧を見る