一般紙(全国紙)

HOME > 広告媒体 > 新聞広告 > 一般紙(全国紙)

一般紙(全国紙)の特徴

新聞はテレビの次にリーチを確保できるマスメディア。
一般紙は優良シニアが読むという特徴も

優良なシニアにリーチしたいなら、新聞広告はまだまだ活用できる

以前より部数を減らしたとはいえ、一般紙は読売新聞(約800万部)朝日新聞(約600万部)毎日新聞(約300万部)産経新聞(約150万部)と依然として一気に多くの読者にリーチ可能なメディアであることに間違いはありません。

新聞社の報道姿勢に共感した読者が各新聞社を購読しているため、新聞社が主催となるイベントには、多くの読者が来場するケースもまだまだ目立っています。広告掲載基準が厳しいため、新聞広告を掲載することが信用のバロメーターとなったり、新聞社と組んでイベント集客をより手堅くすることができるのが、新聞広告を活用するメリットです。

また読者は新聞から情報を得るために月に4,000円程度を使う余裕を持っている者であるということ、それから全体的に年齢が上がってきているということから、シニアをターゲットにビジネスを展開している企業や通販系の企業などは新聞広告が大きな販路となっているケースが多いようです。

読売・朝日・毎日・産経の4大一般紙に日経新聞を合わせて5大紙と呼ぶ

読売新聞(約800万部)、朝日新聞(約600万部)、毎日新聞(約300万部)、産経新聞(約150万部)に本来経済専門紙である日経新聞(約270万部)を合わせて5大紙と呼ばれ、これらの新聞に広告を掲載することで、多くの読者にリーチすることが可能になります。

新聞によってはラッピング広告や題字をもじったような広告も展開することができ、効果的なブランディングが可能となっています。

エリアごとに版が分かれているので、エリアによって広告の出し分けが可能

産経新聞であれば、東京本社版と大阪本社版と版が分かれていたり、神奈川県版や都内版といった地域面での広告出稿も可能ですので、エリアでビジネスを展開している広告主様でも実施することが可能です。

おすすめ記事

事業課題、プロモーションの目的、
販促や集客に関するお悩みがございましたら
ご相談ください。
予算に合う最適な施策をご提案いたします。

phone03-5652-7166

[受付時間] 平日 9:30~18:00

お知らせ

information

2021/01/05
NEWAFFLUENT(アフルエント)の広告媒体概要を更新しました。
大人のためのハイエンドメディア「AFFLUENT(アフルエント)」の料金表など媒体概要を更新しました。
2020/12/22
年末年始休業のお知らせ
株式会社産案では年末年始につきまして、下記のとおり休業日とさせていただきます。

■年末年始休業日
2020年12月28日(月)~2021年1月3日(日)

2021年1月4日(月)より、通常通り営業を開始いたします。

休業期間中にいただいたお問い合わせにつきましては、
通常営業開始後に順次、ご連絡させていただきます。

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、
何卒宜しくお願い申し上げます。
2020/11/10
令和2年度「杉並区成人祝賀のつどい」協賛企業募集中!
令和2年度杉並区成人祝賀のつどい(成人式)の協賛企業募集中です。杉並区の新成人に向けて企業認知やサービス認知を目的とした広告を掲載いただけます。詳しくはブログ記事をご覧ください。

お知らせ一覧を見る

広告企画情報

planning

2020/08/25
富裕層向け<弊社オリジナル>ダイナースクラブDM 連合広告企画 DIB リリース
ダイナースクラブ会員向けのDMにて、弊社オリジナルの連合広告を企画いたしました。年収1,000万円以上の会員にセグメントしてお届けする本企画、富裕層にリーチできる広告媒体をお探しなら、ぜひご検討ください。9月末が締切りとなっておりますので、お問い合わせはお早めに!
2020/07/31
20年10月26日(月)発売 週刊ダイヤモンド 広告企画「在宅勤務の落とし⽳! リモートワークセキュリティ」ご案内中。
コロナ対策ほかで、在宅勤務やリモートワークを採⽤する企業が急増しております。その際に考えるべきリスクやリモートデスクトップ、仮想デスクトップなどのセキュリティ環境を整備することの重要性について中⼼読者である経営者や現場のマネージャークラスに訴求。DIAMOND onlineへのタイアップ転載も有(別途料金) またコンテンツ型リード(100件保障)、既存型ホワイトペーパー型リード(30件保障)も別途料金で可能。
2020/06/29
20年9月14日(月)発売 週刊東洋経済 広告企画「電子契約サービス最前線 捺印のために出社していませんか?」ご案内中。
新型コロナウイルス感染拡大に伴い、多くの企業が在宅勤務(テレワーク)への移行を余儀なくされていますが、物理的な捺印業務については、印鑑を持ち帰るといった対応がリスク管理上難しく、「ハンコを押すためだけに出社」する担当者の悲痛な声が話題にもなっています。一方で、依然として新型コロナウイルスへの感染防止対応が予断を許さないなか、IT大手企業を中心に、捺印を廃止して、電子契約化を急ぐ企業も増えています。主な広告対象:電子契約サービス提供社など。東洋経済ONLINEへのタイアップ転載有(別途料金)

広告企画情報一覧を見る