一般紙(全国紙)

HOME > 広告媒体 > 新聞広告 > 一般紙(全国紙)

一般紙(全国紙)の特徴

新聞はテレビの次にリーチを確保できるマスメディア。
一般紙は優良シニアが読むという特徴も

優良なシニアにリーチしたいなら、新聞広告はまだまだ活用できる

以前より部数を減らしたとはいえ、一般紙は読売新聞(約800万部)朝日新聞(約600万部)毎日新聞(約300万部)産経新聞(約150万部)と依然として一気に多くの読者にリーチ可能なメディアであることに間違いはありません。

新聞社の報道姿勢に共感した読者が各新聞社を購読しているため、新聞社が主催となるイベントには、多くの読者が来場するケースもまだまだ目立っています。広告掲載基準が厳しいため、新聞広告を掲載することが信用のバロメーターとなったり、新聞社と組んでイベント集客をより手堅くすることができるのが、新聞広告を活用するメリットです。

また読者は新聞から情報を得るために月に4,000円程度を使う余裕を持っている者であるということ、それから全体的に年齢が上がってきているということから、シニアをターゲットにビジネスを展開している企業や通販系の企業などは新聞広告が大きな販路となっているケースが多いようです。

読売・朝日・毎日・産経の4大一般紙に日経新聞を合わせて5大紙と呼ぶ

読売新聞(約800万部)、朝日新聞(約600万部)、毎日新聞(約300万部)、産経新聞(約150万部)に本来経済専門紙である日経新聞(約270万部)を合わせて5大紙と呼ばれ、これらの新聞に広告を掲載することで、多くの読者にリーチすることが可能になります。

新聞によってはラッピング広告や題字をもじったような広告も展開することができ、効果的なブランディングが可能となっています。

エリアごとに版が分かれているので、エリアによって広告の出し分けが可能

産経新聞であれば、東京本社版と大阪本社版と版が分かれていたり、神奈川県版や都内版といった地域面での広告出稿も可能ですので、エリアでビジネスを展開している広告主様でも実施することが可能です。

おすすめ記事

事業課題、プロモーションの目的、
販促や集客に関するお悩みがございましたら
ご相談ください。
予算に合う最適な施策をご提案いたします。

phone03-5652-7166

[受付時間] 平日 9:30~18:00

お知らせ

information

2019/09/20
NEWマルチ決済サービス StarPayの詳細ページを追加しました。
国内、中国、韓国の主要な決済ブランドをまとめて契約でき、しかも自動判別してくれる優れたマルチ決済ゲートウェイ StarPayの取扱を開始しました。導入をご検討の方は、ぜひ産案までお問い合わせください。
2019/08/29
NEWタクシー動画広告 GROWYH、iSceneの詳細ページを追加しました。
タクシーの車内で動画の広告を流せるサイネージ「GROWTH」と「iScene」の取り扱いを開始しました。個室と同等の空間で映像と音によって訴求できる魅力的なデジタルサイネージ媒体として、タクシー動画広告は注目されています。ご検討中の方はぜひ産案までお問い合わせください。
2019/08/21
「全国すべての自治体にプロモーションできる『自治体通信』の魅力とは」をアップしました。
全国の自治体を網羅した、自治体向け媒体「自治体通信」についての記事をアップしました。

お知らせ一覧を見る

広告企画情報

planning

2019/09/04
NEW19年11月9日(土)発売 月刊文藝春秋 広告企画「住まいと土地を考える 第1部 不動産・土地活用特集 土地オーナーも必見!相続対策も有効に 」ご案内中。
金融資産1億円以上の読者が約3万人。不動産・土地活用を検討したいと思っている読者が約10万人。文春オンラインでタイアップ転載も可(別途料金) 資料請求ハガキ付・・1社あたり80~200件の高レスポンス実績。 オプション料金で「不動産活用セミナー」を実施する事も可能。
2019/09/04
NEW19年11月9日(土)発売 月刊文藝春秋 広告企画「住まいと土地を考える 第2部 住宅・住宅設備特集 健康寿命延伸は住まいから 」ご案内中。
読者の持家率は8割以上。建替え、リフォームのメインターゲット50~60代以上の読者が約17万人。文春オンラインでタイアップ転載も可(別途料金) 資料請求ハガキ付・・1社あたり80~200件の高レスポンス実績。 オプション料金で「住宅セミナー」を実施する事も可能。
2019/08/01
19年10月28日(月)発売 週刊東洋経済 広告企画 「戦略的オフィス移転 特集」ご案内中。
働き改革もあり、多くの企業でオフィス環境の見直し・充実が広がってきています。採用・また働きやすさといった企業評価にもつながり、経営戦略の観点からも、オフィス環境の変革を考える企業は増えてきています。※東洋経済ONLIN特設サイト 4週間同時展開 (タイアップ広告Web転載可・・別料金)

広告企画情報一覧を見る